一般住宅 構造用集成材

 EW柱 (えんじにありんぐうっどはしら)
EWとはエンジニアリングウッドの略。
強度特性の信頼性が高い木材製品のことです。
強度等級 E=105、F=345

 中断面 (ちゅうだんめん)
断面の短辺 7.5cm以上、長辺 15cm以上の集成材のことです。
木造住宅の梁・桁は、この中断面に該当します。
強度等級 E=120、F=330

■強度等級と許容応力度
原材料面から見て、主に生産される構造用集成材(標準集成材)と化粧ばり構造用集成柱の強度等級と許容応力度
主に生産される集成材の強度等級
(標準集成材)
長期許容応力度 短期許容応用力
圧縮 引張り 曲げ せん断 めりこみ
対異
称等
構級
成構

E120-F330 ベイマツ、サザンパイン等 85 75 110 12 30
 
期 
 

 

 

 

 

 

 
E105-F300 ベイマツ、サザンパイン等 75 65 100 12 30
E105-F300 ヒノキ、カラマツ等 75 65 100 12 25
E95-F270 ベイツガ、ラジアタパイン等 70 60 90 11 20
E95-F270 エゾマツ、スプルース等 70 60 90 10 20
E75-F240 スギ、ベイスギ等 60 50 80 9 20
非異
対等
称級
構構
成成
E110-F315 ベイマツ、サザンパイン等 80 70 105 12 30
80
E100-F285 ヒノキ、カラマツ等 75 60 95 12 25
75
E90-F255 ベイツガ、ラジアタパイン等 70 60 85 11 20
70
E90-F255 エゾマツ、スプルース等 70 60 85 11 20
70
E80-F240 エゾマツ、スプルース等 60 50 80 10 20
65
E70-F255 スギ、ベイスギ等 55 45 75 9 20
60
四同
枚一
以等
上級

E120-F375 ベイマツ、サザンパイン等 100 85 125 12 30
E105-F345 ヒノキ、カラマツ等 95 80 115 12 25
E95-F315 ベイツガ、ラジアタパイン等 85 75 105 11 20
E85-F300 エゾマツ、スプルース等 80 70 100 10 20
E75-F270 スギ、ベイスギ等 75 65 90 9 20






E115-F405 ベイマツ、サザンパイン等 110 95 135 12 30
E105-F375 ヒノキ、カラマツ等 100 90 125 12 25
E95-F345 ベイツガ、ラジアタパイン等 95 80 115 11 20
E85-F315 エゾマツ、スプルース等 85 75 105 10 20
E75-F300 スギ、ベイスギ等 80 70 100 9 20
単位:1cm2につきkg
注 1. 許容応力度は昭和55年、建設省告示1799号による。
(最終改正 平成8年7月29日 建設省告示1613号)
2. 曲げについては構造用集成材規格の別記3(6)ウ表3の左欄の区分に応じて、同表右欄に掲げる数値を乗じたものとする。
3. 異等級構成(非対称構成)の上段は正の曲げ、下段は負の曲げとする。
4. 化粧ばり構造用集成材の強度区分については、便宜上規格に定められた曲げヤング係数および曲げ強度の適合基準を使用しております。
5. 標準集成材以外の強度等級の集成材も製造できますが、特注扱いとさせていただきます。