和室 造作材

 柱 (はしら)
建築物の軸組において、屋根や床などの荷重を土台や基礎に伝えるために垂直に建てられた部材のことです。

 鴨居 (かもい)
和室の障子や襖など開口部の上部に設けられる溝を付けた水平材のことです。

 敷居・畳寄 (しきい・たたみよせ)
敷居とは戸の開閉形式によって溝を施したり、レールを付けたりした、開口部の下に設けられる水平材のことです。また、畳寄とは畳と壁が接する部分にできるすきまを埋めるために用いられる横木のことです。

 長押 (なげし)
和風建築や社寺建築において、化粧のために柱の側面などに取り付けられた水平材のことです。本来は、柱を固定する構造材でしたが、最近では和室を装飾する造作材として設けられています。

 廻縁 (まわりぶち)
天井と壁の接する部分に取り付けられる見切り縁のことです。

 竿縁 (さおぶち)
和室において、天井板と直角の方向に36〜60cmの等間隔に平行に取り付けられる細長い材のことです。